固定電話の安心感をスマートフォンの気軽さで

固定電話を解約するデメリットは?解約の必要はありません

かつては一家に1台は当たり前だった固定電話ですが、今では1人1台携帯電話を所有する時代に変わってきており、自宅用電話の必要性が問われるようになってきました。共にその使い道や役割が異なるためどちらも必要という意見もありますが、特に固定電話に関しては必要ないのではないかと、処分を検討しているという人もいるのではないでしょうか。このページでは、固定の電話を解約するデメリットをご紹介するとともに、解約をしなくても便利に生活することができる情報をご紹介していきたいと思います。

固定電話を使うメリットは?

固定電話を使うメリットとしてよく挙げられることの1つに、社会的信用が得られるということがあります。公的な手続きなどの書類には、一般的に自宅電話の記入欄が必ずありますし、法人設立や個人事業を行なっている人にとっては、携帯電話の連絡先よりも固定電話の番号の方が信用されるというイメージを持っているという人も未だに多くいるというのが現状です。実際のところは携帯電話の番号でもなんら問題はないとも言えますが、それでもしっかりとした番号というある種のブランドは、そのような考えを持つ人にとってはプラスに働く場合も未だあります。

また、家の電話を使用する上で悩ましい問題に勧誘などの電話がありますが、逆に携帯電話のみを様々な所に登録してしまうことによって、携帯電話にまで勧誘電話がかかってきてしまうというリスクがあります。家の電話であれば、日頃から常に携帯している個人的なスマホほどチェックしている訳ではないですし、仮に電話が取れない、そして取らなかったとしても、大きな問題にはなりづらいというある種の逃げ道があるということもメリットとして考えられます。

その他、個人的な携帯電話の番号はできるだけ人に教えたくないと感じる人も多く、その回避方法として固定の電話番号をあえて教えているという人もいるようです。携帯電話の番号であれば、いつでも連絡を取り合うことができて着信履歴も残るため便利ではありますが、それが逆にいつでも監視されているような気分になり、煩わしく感じてしまう場合はデメリットになってしまいます。また、今はSNSアプリの機能などで携帯電話の番号を利用して自動的に別のアプリでも繋がるシステムもありますが、これも逆に普段の生活で接点がある人全てと繋がりたいという訳ではないという人にとっては、これも逆にデメリットになってしまう場合もあり、固定の電話でのやりとりのほうがメリットと感じられることもあるでしょう。

固定電話を解約するデメリット

固定電話を解約すると様々なデメリットが生じてしまうのではないかと不安になる方も多いと思います。家の電話がないことで社会的な信用性が薄れ、クレジットカードの申請や住宅の購入など、各種手続きにおいて不便になるのではないかという懸念もあります。しかし今はこれだけ携帯電話が普及しており自宅専用の電話を持たない人も多くなってきているという背景もあり、なくても問題ない場合がほとんどです。

現代において、自宅の電話番号を登録していたとしても、仕事や日常生活で忙しいため家にあまりいないという人も多く、結局家の電話を使用して電話を取り合うというケースがなく携帯にシフトしている場合も少なくありません。そうなってくると、家の電話を持つ意味というのも薄れてきてしまい、デメリットとして感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

また、一度契約者の都合で固定の電話契約を解除してしまうと、もともと使用していた電話番号は基本的に使用できなくなってしまうというデメリットもあります。長期に渡って固定電話を使用していればしているほど、その番号を使用して連絡をやりとりしている関係の人も多くなっているため、改めて番号変更の連絡をするのも面倒ですよね。ご年配の方で携帯電話を持っていないなど、固定電話の連絡先のみで繋がっている場合には、一度解約する前に連絡を入れて、その後にまた確認をするというようなややこしいやりとりが必要になってくるケースも考えられます。一件、一件そのような対応をするのはかなり面倒な作業になるため、と言っても一方的に解約をしてしまうのも万一の場合に連絡が取れず心配や迷惑をかけてしまう可能性もあるため、そう言った面でもデメリットがあると考えられます。

解約する必要はありません!

固定の電話を使うのにはメリットもデメリットもあり、結局使い続けるべきなのかどうかますます悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。そんな時に、この状態をそのまま継続するのではなく、それぞれの良いところを引き継ぎながら快適に過ごすことができる方法が実は存在します。

CITVPlusというアプリは、スマホを通して固定の電話番号を使用することができる画期的なアプリです。このようなアプリがあれば、わざわざ自宅の電話の契約を解除しなくても、スマホを利用して引き続き固定の電話番号を使用しながら活用することが可能になるためおすすめの方法です。日頃家の電話はあまり使用していないとは言っても、各種登録などでも番号は残しておくと後々便利なことも多くありますし、一度解約してしまうと、後からやっぱり必要だったという時に取り戻すことができないのはデメリットになります。

このサービスは月額980円と比較的低価格で利用できるので、固定電話を契約し続けるよりも、かなりコストを抑えて利用することができます。固定電話の契約からこのアプリのサービスに切り替えた場合、年間で約15000円の節約が可能になる計算になります。固定電話は必要ない、でも携帯電話の番号だけで対応するのも心配という方にとって、このサービスはちょうど中間に当たるような便利なサービスと言えます。

このアプリを登録している電話番号は、最大で5つのスマホと連携することができるので、家族で番号を共有することもできます。小規模の企業などでは社員同士で共有するなどといった使い方も可能です。内線機能も無料で付属しているため、かかってきた電話を別の人に回すことでコミュニケーションがよりしやすくなり、業務の円滑化にもつながるのではないでしょうか。

ちなみに、このアプリのオプション機能を利用すると、FAXの送受信もデータで行うことができるようになるため、もともとFAX端末を置いていた方はそれも不要になりますし、これまでFAX端末がご自宅になく、コンビニなどで送受信の作業を行なっていたという方にとっても、日常のちょっとした手間が省けるため便利です。

まとめ

固定の電話はもう必要ないかもとデメリットに感じている方も、わざわざ解約しなくても節約しつつ便利な状態にすることが可能です。一度個人的な都合によって解約をしてしまうと、基本的には以前使用していた番号は使えなくなってしまいます。後々になって、やっぱり今までの番号を使用して電話を使いたいとなっても取り戻せないということを考えると、将来的には廃止しようと思っている方も、いきなり解約してしまうのではなく、今回ご紹介したようなアプリを使用して番号を残しておくというのも一つの手です。コストを抑えて利用することができるので、まずはそのメリットとデメリットを踏まえた上で、お試し利用してみてはいかがでしょうか。