固定電話の安心感をスマートフォンの気軽さで

スマホの需要と固定電話の需要を比較!

画期的となったケータイ電話も今はスマートフォンに発展し、より一層便利な道具として高い普及率を誇っています。
それに比例するように固定の電話機器は減少傾向となり、スマートフォンだけで過ごしている人も少なくない状態になっていきました。

今現在のスマートフォンと固定の電話の利用状況を知ることで、今後の携帯電話の在り方を考えることができます。
お互いのメリットとデメリットを照らし合わせながら、需要状況を把握していきましょう。

スマホの需要は?

電話での連絡は今まで限定的な場所でのみ行われており、不便を強いられていました。
しかし、ケータイ電話の登場で人への連絡方法が簡単になり、遠い場所でも人同士の繋がりを強めることができるようになりました。

スマートフォンはその従来のケータイ電話からさらに進化を遂げた存在です。
手軽にインターネットに繋ぐことができることで、持ち歩くことができる小さなパソコンともいわれていました。

スマートフォンを持っていれば、道に迷っても地図アプリを開いてGPS機能を使用することで目的地まで案内してくれます。
外国人との会話でも、英語ができない状態でも翻訳アプリを使用することで会話を成り立たせることが可能です。
このように、もはや電話機器ではなく生活を支えてくれる様々なツールが詰まった存在がスマートフォンとなります。

そんなスマートフォンは今や全世界で使用されています。
持っていない人の方が珍しい状況となり、電話ではなく誰もがどこでもインターネットで繋がることができるのが特徴です。
電話もアプリで無料で行なうことができるものも存在し、より気軽に人へ連絡することが可能となっています。

しかし、スマートフォンは世界中に広まったが故に売上台数は低迷し始めました。
これは世界全体でスマートフォンの普及が一巡したことが原因とされています。

裏を返せば、それほど多くの人がスマートフォンを使用しているとも考えられ、スマートフォンがあれば誰とでも気軽に連絡が取り合える証とも言えるでしょう。
スマートフォンの普及は一段落したとも言われていますが、それを受けて企業が新たな機能拡張に励んでいます。

新しいスマートフォンの開発も行なっているので、今後のスマートフォンの発展に注目してみてください。
新たにスマートフォンが発展すれば、さらに多くの世代にも普及され、人同士の繋がりがより一層強固になっていくでしょう。

固定電話の需要は?

電話機の歴史は長く、200年程前に開発され、日本でもその文化が取り入れられていきました。
画期的な通信機器には多くの人が期待を寄せ、普及率も高い数字を記録しましたが、戦争でその普及率も低迷しました。
戦後も状況が悪く、需要は高くても人員が足りないことでなかなか普及しませんでした。

そんな中、公衆電話の設置によって状況を打破し、一般家庭に1台必ず存在する通信機器として瞬く間に普及しました。
ケータイ電話が登場した後も、通話料の安さから固定の電話での通話も必要とされ、ケータイと固定の電話を両方を利用してた人は少なくないでしょう。

しかし、近年スマートフォンの爆発的な普及によって固定の電話で通話を行なう人は年々少なくなっているのが現状です。
一家に1台と言われるほど普及していた固定の電話ですが、今は新規加入者が減少しています。
スマートフォンが登場する以前から所有している場合は活用しているケースも多いですが、これから住居を構える人はスマートフォンのみで十分と考える人が多いようです。

固定の電話の所有率は全体で60%以上と高い数字を保持していますが、20代では10%にも満たない数字の保有率となっています。
家庭を持つ場合、社会的な信頼性から固定の電話を所有することもありますが、ほとんど使用していないことが多いのも現状です。

スマートフォンはインターネットや多くのアプリと連携しているため、電話番号を他人に教え、悪用されたくないと考えて設置する人も多いようです。
しかし、市外局番は地域で設定されているため、固定の電話を使用していても防犯性はあまり変わらないとされています。

それに加え、固定の電話は電話番号の通知が有料となっており、誰からかかってくるか判断できるスマートフォンの方が安全との声もあります。
近年では企業も固定の電話を設置しない取り組みを始めており、ますます固定の電話離れが進むと予測できるでしょう。

一緒に使うことは出来ないのか?

スマートフォンだけでも十分生活を送ることができると言われていますが、固定の電話にも良さがあります。
スマートフォンは通信障害が発生した場合、電話もメールすら送ることができなくなります。

最近あった事例では、ある大手携帯会社の通信システムに不具合があり、一部のエリアでスマートフォンの通信が一切できなくなる事態となりました。
その時に活躍したのは固定の公衆電話であり、多くの人が利用するために列を成して、利用方法がわからずに困惑していたのも記憶に新しいです。
万が一の備えとして有線で繋がっている電話が有効であることもこの時に証明されました。

災害時でも通話ができるため、完全に固定の電話がなくなることはないと予想されますが、普段の生活では使用頻度も下がっているのが事実です。
そこで提供されているサービスが、スマホと固定電話を両方一緒に使用できるサービスです。

固定の電話への着信をスマートフォンで受け取り、通話も固定での料金でお得にできるプランがあります。
スマートフォンでは通話にはいくつか制限があり、通話時間に比例した料金が発生します。
いくら通話しても料金が一定のプランもありますが、その分高い金額になるのが難点です。
固定の電話のデメリット部分を補うことができ、メリット部分でお得に通話ができるため、このサービスに加入している人も多くいます。

また、固定の電話とネット回線だけでなく、スマートフォンもセットになっていればより一層お得になるプランもあります。
固定の電話の信頼性というメリットを得ながら、スマホで便利に通話を行なっていきましょう。

固定の電話を使用する利点にFAXも挙げられますが、機器を持っていない状態でもスマートフォンから送受信が可能になるアプリやサービスもあります。
固定の番号をそのまま使用できれば、改めて手続きをし直すこともなく、通常通りFAXを利用できるのでオススメです。

まとめ

スマホが圧倒な便利さを誇っていますが、万が一の際には固定電話が安定した通話を行なえる点が優位であると考えられます。
減少傾向にある固定の電話も、その点に着目するとまだ完全にはなくならないと予想されるので、両方の機器を上手く活用していくことが求められます。

企業が提供しているサービスを利用することで、スマートフォンと固定の電話のどちらの良い部分を使用することが可能となっています。
固定の電話への着信をスマホで受け取ることのできる機能など充実しているので、お互いのデメリットを補いながら、賢く利用していきましょう。