固定電話の安心感をスマートフォンの気軽さで

公開日:2019.10.28 更新日:2021.08.25

スマホの固定電話アプリの繋がりやすさは大丈夫?

スマホの固定電話アプリの繋がりやすさは大丈夫?

スマホは自分のいる場所の電波状況によっては、圏外になり通話や通信ができないこともあります。一般電話は電話回線やインターネット回線を利用していて、有線なのでスマホや携帯電話よりも安定した状態で通話ができますが、外出時に電話を受けられないなどの悩みもあります。

それを解決するのが、スマホで固定電話番号を利用できるアプリのサービスですが、あくまでスマホのアプリを通じて着信や発信を行うシステムです。スマホのある環境によってつながりやすさに違いはあるのでしょうか。

アプリを使えば固定電話がいつでも繋がる

固定電話アプリはスマートフォンで固定の電話番号を利用できるため、外出していても固定の電話番号宛ての電話を受けることができます。またスマホアプリで固定電話番号からとして発信することもできるので、まさに持ち歩ける固定電話と言えます。

利用料は月額基本料1000円以下のものが多く、さらに事前に登録や申請をした複数のスマートフォンで、同一の固定の電話番号を利用できます。これらのスマホ同士は内線通話ができ、内線同士の通話は通話料も無料で家族間や社員間、また離れた支店間の通話が無料なので通信費の大幅な節約になります。

発着信サービス以外にも月額500円程度のオプションで留守番電話サービスや転送サービスが利用できます。また多くのアプリでは固定電話番号に受信したFAXを自動的にPDFに変換して指定したメールアドレスに送ってもらうオプションもあります。

スマホのカメラ機能を使って送信もできるので、外出先でFAXを確認してそのまま出先で対応することができ、タイムリーな対応の求められるビジネスシーンにもマッチしたサービスです。

関連記事

 

電話がつながりにくいケースとは?

固定の電話機での通話なら電波の状況を気にせずに通話ができますが、携帯電話やスマートフォンの場合は電波状況やWi-Fi環境に左右されます。固定電話アプリを利用した場合、電話がつながりにくい状況はあるのでしょうか。

固定電話アプリの多くはインターネット回線を利用した通信システムなので、インターネット環境やWi-Fi環境が一定程度以上に整っている必要があります。現在では多くのエリアで電波状況が整っている上、外国人観光客の増加に伴い多くの場所でWi-Fi環境が整っています。

しかし携帯電話の通信システムエリアからWi-Fiが使えるエリアへ通話しながら移動した場合など、通信状況が安定していないと通話が途中で途切れてしまう可能性もあります。

他にもスマートフォンのアプリを利用して通話するため、アプリが起動していない状態では電話を受信できず留守番電話になる場合もありますが、バックグラウンドにタスクがあれば受電できるので、普段から起動しておくようにすれば問題ないでしょう。

あくまでスマートフォンを利用して固定の電話番号を使うため、スマホを利用するエリアのインターネット環境に左右されますが、これまで取り逃がしていたかもしれないビジネスチャンスをものにでき、かつ取引先にも迅速でタイムリーな対応が可能になる点では、大きなメリットと言えます。

 

テストコールサービスを利用して確認

固定の電話番号を持ちたいけれど、外出している時間が多い場合や少数精鋭企業で、日中は事務所を留守にしがちというケースでは、一般電話の導入に慎重になります。

しかし固定の電話番号があるかどうかで、企業としての社会的信用度合いに差が出るのも事実です。初訪のお客様に渡す名刺に載せる電話番号はできれば固定の電話番号にし、携帯電話番号は至急の時の連絡先として伝えるのが理想でしょう。

電話機や複合機を置くスペースの確保に悩んでいる場合にも固定電話アプリはおすすめです。社員の社有携帯や私有携帯を内線化できるので、デスクに固定の電話機や親機を置く必要もなく、すっきりとした中で仕事ができます。

気になる音質は各社が用意しているテストコールで確認することもできるので、音質や外出先での通話のクオリティを事前に確かめた上で導入するのも良いでしょう。

 

まとめ

もし一般電話を検討しているけれど、使い勝手の面が導入を阻んでいるなら、固定電話アプリがおすすめです。通話以外のサービスも充実していて、留守番電話用の応答メッセージも休日や平日の営業時間に合わせて、スマホから切り替えが可能です。

従来のように親機から留守番電話をセットし、年末年始などの長期休暇の際には新たに応答メッセージを録音し直すといった手間ももうなくなるでしょう。

スマホでの操作性もつながりやすさも、ビジネスシーンに十分対応できるレベルです。機会損失やトラブル回避をしたいと考えているなら一度、固定電話アプリを検討してみてはいかがですか。