固定電話の安心感をスマートフォンの気軽さで

公開日:2020.04.22 更新日:2021.07.31

固定電話アプリ利用でスマホを固定電話化

固定電話アプリ利用でスマホを固定電話化

いろいろなシーンで、通称「家電」と呼ばれる自宅の固定電話と携帯電話の番号が使い分けられはじめて数十年が経ちました。最近は、固定電話の発着信を可能にする「固定電話アプリ」を使うことで、お手持ちのスマートフォンを今すぐに「家電」として使いはじめることだってできるのです。携帯電話番号と自宅の電話番号を使い分けられるのはとても助かりますよね。知っておくと便利な固定電話アプリの基本やアプリの使い方のポイントなどをご紹介していきます。

固定電話アプリでできること・できないこと

なんと言っても固定電話アプリを使っていく中での一番のメリットは、利用する端末があくまでもスマートフォンとなるので、通常の固定電話では不可能なことだってラクラクできるようになってしまうこと。

外出先での電話の受発信はもちろん、自宅での子機としての利用、1つの通話を複数人と共有することなども簡単にできるようになります。

一方で注意したいのは、アプリをインストールした直後には固定電話の発着信機能が使えない場合もあるということ。

スマートフォンで今すぐ「家電」の発着信を受ける必要があるという場合は、すぐに利用開始可能なものを選ぶようにすると安心です。

それぞれのアプリが持つ機能やサービス内容にも違いがありますが、使い方やアイデア次第で、できることがどんどん広がるのはとてもうれしいポイントですよね。

そのほか、ナンバーディスプレイ・留守番電話の利用など、機能的にできることが限られているアプリもありますので、まずはそれぞれが持つ特徴をリサーチしてみることが大切です。

 

おすすめの固定電話アプリ

CITVPlus

スマートフォンのみの利用でもスマートフォンと固定電話のダブル利用でも、月額の費用が980円とリーズナブルに使えるのが人気のCITVPlus

内線が無料で使えるので、家族間の利用がメインという方にもおすすめです。

もちろん、ナンバーディスプレイや留守番電話サービスなどもそのまま使えるので、出先でも便利に使うことができます。

スマートフォンだけで利用する場合は、初期費用が5000円と大変オトクに導入することができます。

また、FAXをPDFに変換して受信ができるようになるオプションサービス「CITVPlusα」も提供しています。

イエデンアプリ

とてもリーズナブルな初期費用2000円、月額の費用もワンコインの500円でOKと言うのがイエデンアプリ。

「クラウド」タイプと「ホーム」タイプの2種類があり、「クラウド」タイプを導入すると、今使っている「家電」の電話番号とは別の新しい電話番号を使うことができるのも大きな魅力と言えます。

現在のところ、サービス提供エリアは、「ホーム」タイプは全国、「クラウド」タイプは東京の03エリアと大阪の06エリアのみ。

地方に住んでいる方には、「ホーム」タイプは強い味方となってくれるはずです。

もちろん、保留・転送が簡単にできることや同じアプリ間の通話料が無料になるのも大きなメリット。

リーズナブルにスマートフォンで「家電」を使いはじめたいという方に人気です。

03plus

月額980円から気軽に使える03plusは、スマートフォンがあるだけで「家電」をすぐに使いはじめられるのが魅力。

初期費用が実質0円になるプランも必見ですし、関東圏外にサービス提供エリアがあるのもおすすめのポイントです。

複数人で代表電話番号を共有しながらも鳴り分け設定をすることができたり、社内グループ間の内外線も無料で使えたりと、ビジネスシーンに便利な機能もたくさん。

営業時間外の自動応答設定や、FAX機器がなくてもスマートフォンやPCからFAXの送受信を可能にできるので、ビジネスのシーンでの利用がメインになるという方にとくにおすすめです。

 

アプリ以外に必要なもの

固定電話アプリにはいろいろな種類や内容がありますが、動作確認済みのスマートフォンとインターネット環境が必要になるということは、どのサービスにも共通しています。

現在のところ、多くのアプリで、ver11.0以上のiOS、ver4.4以上のAndroidが動作確認済みのシステム環境となっていますので、あらかじめお手元のスマートフォンのシステム環境をチェックしておくと安心かもしれません。

また、アナログ電話やISDNなどの電話回線では利用できないサービスもあります。

すでに、自宅で光ファイバーを利用した「ひかり電話」を利用しているという場合は問題ありませんが、もしそうではない場合は、ひかり電話の開通が不要のものや、別に新しい固定電話番号を付与してもらうことのできるアプリを選ぶのがおすすめです。

そのほか、スマートフォンと既存の固定電話やIP電話機との併用を検討しているという場合などは、専用のアダプターやルーターなどの機器が必要になる場合もあるので注意が必要です。

 

複数人利用可能か

アプリを検討する段階でチェックしておきたいのは、「1つの固定電話の番号を何台の端末で使えるか」、そして「複数人で利用する場合の料金はどのように変わるか」という点です。

家族の間や仕事場の仲間との間で、固定電話の番号を共有したいと考えている場合は、とくに注意が必要です。

2台目以降の端末ではまた別に月額基本料が必要になる場合などもありますので、あらかじめ料金体系とサービス内容にしっかりと目を通しておくと安心かと思います。

月額の基本料金と実際の通話にかかる通話料の両方で検討するのがおすすめです。複数人で利用がOKな場合は、内線電話として利用するなど、同じアプリを使っているほかのスマートフォン利用者と実質上の無料通話ができるようになることも。

アプリを利用するメンバー全員が、スマートフォンをそのまま固定電話の子機として利用できることで、そのほかにもいろいろなメリットが生まれるはずです。

 

電話以外の機能

固定電話アプリができるのは、通話だけではありません。基本機能やオプション設定の追加などで、プライベートでもビジネスのシーンでも心強い味方となってくれる便利機能がたくさんあるってご存知でしたか?

留守番電話サービスや電話転送サービス、オンライン上で管理ができるWEB電話帳などのサービスなどのほか、自分の好きなようにオリジナルの応答メッセージが設定できたり、営業時間外の自動応答アナウンスの設定ができたりという着信応答で使える機能もあります。

また、FAX機器がなくても、メールアドレスなどでFAXの送受信ができるサービスも充実しています。

データはそのまま自動で処理されますので、面倒な設定なども必要なく、FAXで来るデータをPDFやJPGのまま送受信できるというサービスなので、いろいろなシーンで活躍してくれること間違いありません。

 

まとめ

忙しく暮らす現代では、移動中や旅行先などのどんなシーンでもストレスなく「家電」を使えるようになるのは、とても魅力的ですよね。

また、アカウント登録や会員登録など、意外なところでも必要になることがあるのが固定電話の番号。今までは携帯電話の番号しかなくていろいろ不便だったという方にもぜひおすすめしたいアプリです。

それぞれのアプリで料金体系や便利な機能・サービス内容も微妙に異なってきますので、ぜひ、ご自分の環境や使いたいシーンに適したアプリを選んでいただければと思います。